TOP TERRACEチャンネル 2024年大予測:どうなる?どうする?ミドル・シニアのキャリアと転職

2024/02/14

1/1ページ

TERRACEチャンネル

第56回

2024年大予測:どうなる?どうする?ミドル・シニアのキャリアと転職

  • キャリア
  • リーダーシップ
  • 転職

 
2024年2月6日(火)開催のzoomセミナー「2024年大予測:どうなる?どうする?ミドル・シニアのキャリアと転職」。当日の映像をご覧いただけます。

コロナ禍の4年を経て、2023年の5月に5類へ移行したことで、転職市場にも変化が見えています。「人材」への投資を強化する企業が相次ぎ、ますますミドル・シニア層の人材獲得競争は激化している一方、企業の人を見る目は厳しくなっており、超・積極採用の中での「超・厳選採用」となっています。

そのような雇用・採用環境の中、今回は2023年を振り返りながら2024年を迎えるにあたり、ミドル・シニアのみなさまがおさえておくべき、キャリアと転職のトレンドに関して掘り下げていきました。

ゲストにお迎えするのは 、
キャリア自律、リーダーシップ論をご専門に大手企業からベンチャー企業、公共組織に至るまで研修、コンサルティング、社外取・顧問を務められているTHS経営組織研究所 代表の小杉俊哉氏と
リクナビネクスト編集長〜リクルートエージェントの事業開発に従事した後、35歳からの転職支援サービス「Career Release 40」や、ミドルシニア世代のためのキャリア相談特化型サービス「CanWill」などを運営する、ルーセントドアーズ代表の黒田真行氏です。

更に、『社長になる人の条件』著者でもあり、エグゼクティブサーチコンサルタントとして自ら数百名、チームとしては数千名の経営者採用・幹部採用の成功を手がけてきた、「経営者力診断」の開発責任者でもある経営者JP代表、井上も登壇。

業界プロフェッショナルであり識者である3名で鼎談いたしました。

不確実性が高いこの時代、今後のミドル・シニア層のキャリアや転職がどうなっていくか、本音でクロストークいたしました。

ご自身のキャリアや転職をお考えの幹部・リーダーの皆さま、
自社の幹部やリーダーのキャリアパスや活用をお考えの経営者・人事責任者の皆さま、ぜひ、ご覧ください!


【プログラム】
・2023年のミドル・シニアのキャリアと転職を振り返る
・2024年、どんな年になる?
・2024年、どうなる?どうする?ミドル・シニアのキャリア
・2024年、どうなる?どうする?ミドル・シニアの転職
・2024年を輝く1年とするための指針
・Q&A


【このような方におすすめ】
・今後のキャリアをお考えのミドル、シニア各位
・具体的に転職をお考えのミドル、シニア各位
・2024年の人材関連トレンドを把握したい経営者各位
・2024年の人材活用・採用について考えたい経営者、人事責任者各位


【講師プロフィール】
小杉 俊哉(こすぎ・としや)氏
合同会社THS経営組織研究所 代表社員

早稲田大学法学部卒業後、日本電気株式会社(NEC)入社。 マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学大学院修士課程修了。 マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン株式会社人事総務部長、アップル人事総務本部長兼米アップル社人事担当ディレクターを経て、39歳で独立。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て、合同会社THS経営組織研究所を設立。元立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授。慶應義塾大学大学院理工学研究科特任教授。 著書に、『起業家のように企業で働く』、『リーダーシップ3.0』などがある。


黒田 真行(くろだ・まゆき)氏
株式会社ルーセントドアーズ 代表取締役

「ミドル世代の方々のキャリアの可能性を最大化する」をテーマに、ベンチャー企業や中小企業の経営者の右腕人材となるミドルマネジメント層、経営プロフェッショナルの人材紹介事業を運営。1989年、関西大学法学部卒業、リクルート入社。以来、転職メディアの制作・編集・事業企画に携わる。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。13年リクルートドクターズキャリア取締役などを経て、14年ルーセントドアーズを設立。
・35歳以上のための転職支援サービス「CareerRelease40」
・40代からのキャリアの不安相談サービス「CanWill」

プロフィール

  • 井上 和幸

    井上 和幸

    株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO

    1966年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、株式会社リクルート・エックス(現・リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に株式会社 経営者JPを設立。企業の経営人材採用支援・転職支援、経営組織コンサルティング、経営人材育成プログラムを提供。著書に『ずるいマネジメント 頑張らなくても、すごい成果がついてくる!』(SBクリエイティブ)、『社長になる人の条件』(日本実業出版社)、『ビジネスモデル×仕事術』(共著、日本実業出版社)、『5年後も会社から求められる人、捨てられる人』(遊タイム出版)、『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(サンマーク出版)など。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 小杉 俊哉氏

    小杉 俊哉氏

    合同会社THS経営組織研究所 代表社員

    早稲田大学法学部卒業後、日本電気株式会社(NEC)入社。
    マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学大学院修士課程修了。
    マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン株式会社人事総務部長、アップル人事総務本部長兼米アップル社人事担当ディレクターを経て、39歳で独立。
    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て、合同会社THS経営組織研究所を設立。元立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科客員教授。慶應義塾大学大学院理工学研究科特任教授。
    著書に、『起業家のように企業で働く』、『リーダーシップ3.0』などがある。

    この登場者の記事一覧をみる
  • 黒田 真行氏

    黒田 真行氏

    株式会社ルーセントドアーズ 代表取締役

    「ミドル世代の方々のキャリアの可能性を最大化する」をテーマに、ベンチャー企業や中小企業の経営者の右腕人材となるミドルマネジメント層、経営プロフェッショナルの人材紹介事業を運営。1989年、関西大学法学部卒業、リクルート入社。以来、転職メディアの制作・編集・事業企画に携わる。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。13年リクルートドクターズキャリア取締役などを経て、14年ルーセントドアーズを設立。
    ・35歳以上のための転職支援サービス「CareerRelease40」
    ・40代からのキャリアの不安相談サービス「CanWill」

    この登場者の記事一覧をみる